国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ

重要水防箇所について

重要水防箇所って何?

 「重要水防箇所」とは、洪水時に危険が予想され重点的な巡視点検が必要な箇所のことです。
 洪水時には河川を流れる水量が大幅に増加するため、濁流が堤防を超えてあふれ出したり、堤防そのものが決壊する場合があります。そのような被害を未然に防ぐため、水防団の方々は土のうを積むなどの「水防活動」を実施し堤防を守ります。そうした危機的な事態をいち早く察知するため、洪水が一定の規模になると水防団の方々は危険な箇所がないかどうか、堤防を点検します。
 しかしながら、点検する堤防の区間は非常に長いことから、現在の堤防の高さや幅、過去の漏水被害などの実績を踏まえ、あらかじめ水防上重要な区間を定めより効率的に堤防の点検を行うことで、危険な箇所の早期発見に努めています。
 このような考えから、国土交通省では毎年重要水防箇所を定めるとともに、出水期前に地元市町水防団等と合同巡視を行い、重要水防箇所の周知を図っています。

重要水防箇所の考え方は?

 「重要水防箇所」は、その箇所の堤防の状態などにより「越水(溢水)」「堤体漏水」「基礎地盤漏水」などのいくつかの種別に分類しています。
 さらにその種別ごとに、その箇所の状況に応じて2つの重要度と要注意区間に区分されます。

 (「重要水防箇所評定基準(案)」参照)
 

・重点監視区間 ‥‥ 水防時に重点的に巡視すべき区間で、重要度A、Bおよび要注意区間の中から設定

・重 要 度 A ‥‥ 水防上もっとも重要な区間

・重 要 度 B ‥‥ 水防上重要な区間

・要注意区間 ‥‥ 水防上注意を要する区間 

重点監視区間の設定

堤防の浸透・侵食の監視を強化するため、予め重点的に浸透・侵食による変状の監視を行う区間として「重点監視区間」を設定しました。
 平成269月に内閣府の「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」が改訂され、市町村長は、従前の水位状況に加え、浸透・侵食の状況を避難勧告等の発令の判断基準とすることとしています。このため、水防活動時における浸透・侵食の状況把握及び情報伝達が重要となっています。

重要水防箇所評定基準(案)

種別 重要度
A 水防上最も重要な区間 B 水防上重要な区間
越水
(溢水)
 計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)が現況の堤防高を越える箇所。
 計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)と現況の堤防高との差が堤防の計画余裕高に満たない箇所。
堤体漏水
 堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、類似の変状が繰り返し生じている箇所。 
 堤体の土質、法匂配等からみて堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の生じるおそれがあり、かつ堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)がある箇所。 
 水防団等と意見交換を行い、堤体漏水が生じる可能性が特に高いと考えられる箇所。 
 堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、安全が確認されていない箇所、又は堤防の機能に支障は生じていないが、進行性がある堤体の変状が集中している箇所。 
 堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)はないが、堤体の土質、法匂配等からみて堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の生じるおそれがあると考えられる箇所。 
 水防団等と意見交換を行い、堤体漏水が生じる可能性が高いと考えられる箇所。
基礎地盤漏水
 堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、類似の変状が繰り返し生じている箇所。 
 基礎地盤の土質等からみて堤防の機能に支障が生じる変状の生じるおそれがあり、かつ堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)がある箇所。 
 水防団等と意見交換を行い、基礎地盤漏水が生じる可能性が特に高いと考えられる箇所。
 堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、安全が確認されていない箇所、又は堤防の機能に支障は生じていないが、進行性がある基盤漏水に関係する変状が集中している箇所。 
 堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)はないが、基礎地盤漏水の土質等からみて堤防の機能に支障が生じる変状の生じるおそれがあると考えられる箇所。 
 水防団等と意見交換を行い、基礎地盤漏水が生じる可能性が高いと考えられる箇所。
水衝・洗掘
 水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れしているが、その対策が未施工の箇所。 橋台取り付け部やその他の工作物の突出箇所で、堤防護岸の根固め等が洗われ一部破損しているが、その対策が未施工の箇所。 
 波浪による河岸の決壊等の危険に瀕した実績があるが、その対策が未施工の箇所。
 水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れにならない程度に洗掘されているが、その対策が未施工の箇所。
工作物
 河川管理施設等応急対策基準に基づく改善措置が必要な堰、橋梁、樋管その他の工作物の設置されている箇所。 
 橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等が計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)以下となる箇所。
 橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等と計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)との差が堤防の計画余裕高に満たない箇所。
 新しく堤防を作った「新堤防」、過去に堤防が決壊したことのある「破堤跡」、以前川だった所が堤防となっている「旧川跡」については、過去の経験から注意を要する箇所、また破堤などの履歴を残すため「要注意区間」として整理しています。
種別 要注意区間
工事施工  出水期間中に堤防を開削する工事箇所又は仮締切り等により本堤に影響を及ぼす箇所。
新堤防 堤防を新しく作ってから、3年以内の箇所。
破堤跡 過去に破堤(堤防が決壊すること)したことがある箇所。
旧川跡 以前は川であったところが現在では堤防となっている箇所。
陸閘(りっこう) 陸閘が設置されている箇所。

河川関係事務所の情報